ウィークリー・マンスリーマンションの契約は延長できる?【よくある質問 / 契約延長編】

契約は延長できる?契約は延長できる?

マンスリーマンション業者の多くは、利用契約に、賃貸借契約(普通にお部屋を借りるときの契約)の一つである、定期借家契約という契約形態を適用しています。

定期借家契約とは?

この耳慣れない定期借家契約という言葉ですが、少し説明を加えておきます。

『定期』の指す意味は、言葉の通り、契約期間が『定まった期間』である、ということです。すなわち、契約書に記載される契約期間が有期であって、契約の終了日をむかえることで契約が満了する事を意味します。

一般的に住居を借りる際は、2年や1年の普通借家契約で契約の満了日も設定されていますが、自動更新(解約の意思表示がなければ自動的に契約が更新される)で事前に定められた更新料を支払うことで更新されるケースがほとんどです。

定期借家契約の種類

定期借家契約は2種類あり、『通常契約』『期間確定契約』に分けられます。

『通常契約』の場合、延長の可能性があるということを前提にしますので、運営業者はその通常契約の後の期間に契約を入れる事ができません。その通常契約の利用者が、契約を延長するのか、予定通り契約の終了日をもって退去してもらえるのか、確認してはじめて、次の契約(予約)が可能かどうか判断できるからです。

一方、『期間確定契約』の場合、契約締結時から退去する事が確定されたとみなされるので、運営業者は次々に契約(予約)をいれていくので、延長の申し出をしても受け付けてもらえない事が多いようです。

が、次の契約までに期間があったり、清掃の時期をずらすことなどで受け付けてもらえる事もあるので、期間確定契約であったとしても、諦めずに運営業者に問い合わせてみて下さい。同じ棟(建物)の中で複数の部屋をマンスリーマンションとして運営していれば、違う部屋に換えてもらうこともできるかもしれません(清掃代は2重に掛かりますが・・・)。

業者に確認すべきこと

業者によっては、通常契約は認めておらず、全て期間確定契約で取り扱っているというところもあります。業者側の機会損失を防ぐには仕方ないことかもしれませんが、利用者にとっては少し猶予がほしいところですね。

また、マンスリーマンションは一般的に期間によって料金等の条件が変わってきます。
(契約が長期になるほど安くなる)

あらかじめ延長が発生しそうな場合は、問合せの際に「契約は期間確定か通常のどちらになるのか」、また、延長した場合の賃料等について、「延長時の賃料は変更になるのか」「清掃料金は変更になるのか」などは確認しておきたいところです。

まとめ

  1. マンスリーマンションの契約は定期借家契約が多い
  2. 定期借家契約は期間確定契約と通常契約の2種類がある
  3. 期間確定契約は基本的には延長が認められない(勿論例外もあるのでダメモトで問合せを)
  4. 通常契約の場合、退去日確認があるまでは延長が可能なところが多い
  5. 延長する場合、条件の変更等の確認が必要

検討中物件
閉じる

Spacer