ウィークリー・マンスリーマンションの契約に保証人は必要?【よくある質問 / 保証人編】

契約に保証人は必要?契約に保証人は必要?

ホテルにはいらないのに...

ホテルやペンション、貸別荘的なもの借りる際に保証人を求められたりすることって、ほぼないです。

『お気軽にご利用下さい』みたいなキャッチフレーズをつかってるのに保証人が必要って、かなりハードルが高い気がしませんか?保証人となれば親や親戚に頼まないといけないのか?ってなりますよね。

少し説明が必要です。

なぜ保証人が求められるの?

なぜ、マンスリーマンションやウィークリーマンションを利用する際には保証人が求められるのでしょうか?

これは、利用者側は宿泊施設の利用契約という感覚ですが、マンスリーマンションの運営者のほとんどは不動産業者であり、その契約に定期借家契約という賃貸借契約の形態をとっているからです。皆さんが賃貸住宅を借りる際の契約の慣習を踏襲しているからですね。

家主が契約者から家賃を回収できなくなる事を未然に防ぐために、保証人が求められたり、保証人の替わりに家賃保証会社への加入を義務付けています。

なお、義務付けて、と説明しましたが、厳密に言うと、借地借家法で規定されている訳ではなく、あくまで慣習です。借地借家法は家主の保護ではなく、経済的弱者である店子(タナコ)の保護が目的の法律ですので、不動産屋が定着させた不動産慣習と言えるのかもしれません。

少し脱線しました。

実際に必要なのは緊急連絡先

賃貸借契約になる、という背景で、保証人を求められる機会がありますが、実際のところは普通の賃貸借契約のように保証人に自筆の署名捺印や印鑑証明の提出を要求される事はほとんどありません。マンスリーマンションの一時利用という入居までの時間が短い期間のなかで、複雑な手続きを入れ込む事が出来ないからです。

現在では、保証人ではなく、緊急連絡先として利用者以外の連絡先と関係性を確認するという程度のところが多くなって来ています。また身分証明書の提出だけで緊急連絡先も保証人も不要というところも増えてきました。

万一のトラブルのために

とはいえ、マンスリーマンションなどは期間限定の一時利用ではありますが、入居中の設備系のトラブルなどで入居者に直接連絡を入れる事が発生する事も想定されます。住居を借りるという性質上、家主・運営会社側ともにその人物に関しては、きちんとした情報を知っておく事は、利用者に対しても一定のサービスを提供するためには必要だからです。入居申込書に記載する連絡先は確実に繋がるものを記入しておく事は大事ですね。

まとめ

  1. 保証人必要となっていても、自筆署名や押印、印鑑証明の提出を求められる会社は少ない
  2. 緊急連絡先の記入だけでいいところも増えている
  3. 連絡先は正しく記載しましょう

検討中物件
閉じる

Spacer