ウィークリーマンションとは?

ウィークリーマンションとは?

『マンスリーマンション・ウィークリーマンション』

最低契約日数以上であれば、日割りで借りられる

『マンスリーマンション・ウィークリーマンション』とは、
「短期から利用できる家具付賃貸マンション・アパート」です。
ウィークリーマンション・マンスリーマンションという名前から
「週単位・月単位で借りなければならない」、そうお考えの方も多いようです。
しかし実際には、最低契約日数が7日間または30日間というだけで、
それ以上の滞在は日割りで利用できる場合が多数です。
※例えば、10日間とか35日間とかでも契約できます。

料金の計算方法や消費税の有無に注意

また、運営会社が宅建業法に則って運営される場合と、旅館業法に則って運営されるタイプが有ります。
主な違いは、料金の計算方法にあります。

宅建業法は、実数計算(15日間なら、1日費用×15日)が主です。
また、31日の月、30日の月、28日の月などを実数で計算する運営会社もあれば、
1ヶ月間をまたぐ契約であれば、そのまたいだ月は30日計算で固定する運営会社もあります。

旅館業法は、泊数計算(15日間なら、14泊)で計算される場合が主です。

また、消費税の有無の違いもあります。
賃貸物件の賃料に消費税が無いのと同等で、1ヶ月以上の契約の場合無税、1ヶ月以内の場合は課税が一般的です。

上記の計算方法は各社統一されていない為、注意が必要です。

必要な備品はだいたい揃っている

尚、必要最低家具、テレビ、電子レンジ、洗濯機、冷蔵庫、エアコン、布団などは
揃っているところが多く、便利で効率的な「気軽な賃貸」ということができます。

『シェアハウス』

プライベート空間を確保しつつ、キッチンやリビング、シャワーなどを共有

『シェアハウス』とは、一つの家を複数の人と共有して暮らすことを言いますが、
日本では「ゲストハウス」と呼ばれることもあります。
キッチンやリビング、シャワーなどは住人全員で共有し、部屋は一人ずつ個室を利用すると言うシステムです。
シェアハウスは、月払いが基本的です。週払いのところもあります。

必要な備品はだいたい揃っている

また、必要最低家具、テレビ、冷蔵庫、エアコン、布団などは揃っているところが
多く、電子レンジ、洗濯機なども共用部においてあるなどとても便利です。

検討中物件
閉じる

Spacer